愛猫の適正体重を見た目で判断するやり方やお勧めのサプリ。怖い糖尿病を知って回避に努めましょう

2021年9月9日

猫はやっぱり、ふくよかで丸々としていた方が可愛いですよね
でも、それは私たちの身勝手な思い
健康で長生きしてほしいなら、標準体重をキープしてあげましょう

糖尿病

すい臓から分泌される血糖値を下げる唯一のホルモン「インスリン」が
十分に働かなくなることで、血中のブドウ糖(血糖)が増えてしまう内分泌異常の病気です
人間の生活習慣病として、よく知られていますが
高齢の猫でも肥満の増加とともに、発症が多くなっています
初期段階での発見も難しい病気で、進行してくると白内障や腎疾患・心臓病など
多くの合併症をともなうので注意が必要です

症状

初期段階(比較的元気であるため気づきにくい)

  • 水をよく飲むようになった
  • 尿量が増えた
    (多飲多尿になるのは、増えた血糖が尿として排出される為に体の水分が奪われ、脱水症状となる)
  • よく食べる
  • よく食べるのに痩せてきた
    (血糖が増えても栄養として取り込めないので、栄養要求が上がる。しかし栄養不足が慢性的になる為食べても痩せていく)

こういった初期症状を経て、末期近くまで進行すると

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 嘔吐
  • ふらつき
  • 毛艶が悪くなる

といった症状が出てきます
ここまできてしまうと、危険な合併症を発症している場合もあり、命に関わる事もあります

原因

  • 与えているフード
    猫はもともと、たんぱく質を栄養源とする肉食動物なので
    炭水化物の割合が高いフードを与えていると食後の血糖値が上がり糖尿病の原因となりますし
    脂肪が多い食事は肥満になります
  • ストレス
    猫は上がった血糖値を下げる事が不得意なために、ストレスが慢性的にあると
    高血糖が継続し、糖尿病の発症リスクが上がります
  • 肥満・膵炎になると、インスリンの効果が悪くなる、または生成されなくなったりし、
    口内炎・皮膚炎などは炎症をおさえるためのステロイドの使用で
    同じくインスリンの効きが悪くなった結果、糖尿病が発症します

    注…猫は膵炎にかかりやすい動物です

猫は人間のように運動でダイエット出来ませんので、フードの見きわめは大切です。
そして何よりも、飼い主さんが、しっかりと食事量をコントロールしてあげる事が重要です
猫の場合は、ちょこちょこ食べて空腹を満たす、というのが本来の姿なのだそうで
可能であれば、朝夕二回といった与え方よりも、小分けにしてあげた方が
血糖値の急激な上昇を抑えられます
また、こちらも飼育事情が許すのであればですが
ドライフードよりは、ウェットフードを与えましょう
猫本来の食事組成に近いですし、水分補給にもなりますから

適正体重を知るには

でも、うちのこの適正体重って、何㎏なの?と、そう思いますよね
勿論、猫にも個体差はありますので、ひとくちに、何K以上は肥満で
何K以下は痩せすぎ、とは言えません。なので、あくまでも、目安としてですが
背中や脇を触った時、肋骨が感じられる程度が標準です
目で見て肋骨が判るようだと痩せすぎという事になり
逆に肋骨が触りにくい、または触れないようだと肥満という事になります

こういった評価基準をBCS(ボディコンディションスコア)と言います

出典:
環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室
「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」

猫も人間も太りすぎはだめだよ♪


お勧めのサプリメント

辛い食事制限や厳しい体重管理は人間でも挫折しますよね
そんな時には、サプリメントを利用してみてはいかがでしょう

 毎日習慣
血糖値や体重管理の健康維持に役立つ8種類の成分を配合

  • サラシア
    「サラシノール」「コタノール」という成分が血糖値の急激な上昇を抑える事で
    すい臓の負担も軽減してくれます。
    また、脂肪燃焼効果もあるので太りすぎを防ぎ、体重も健康な状態で維持してくれます。
  • イヌリン
    水溶性食物繊維の一種で、水分を含んでゆっくりと腸内を移動するため、糖質の吸収速度が遅くなり、
    食後の血糖値の上昇が緩やかになります。これによって、血糖調整のために、インスリンを分泌するすい臓への
    負担も軽減されます。
  • バナバ
    「コロソリン酸」という、血糖値に働きかける成分を含む植物です
    糖の代謝が苦手な猫や犬もいて、代謝がうまくいなかいと体に大きなダメージを受けます
    「コロソリン酸」はダメージを受けにくい工夫の一つとして挙げられます
  • クロム
    あらゆる代謝に関わる必須ミネラルで体内に微量存在します
    特に糖の代謝には大きく働き、健康的に効率よく、糖をエネルギーに変える事が期待されます
  • マイタケ末
    人間もよく口にするマイタケは栄養成分が豊富で、特にβグルカンは体を外からのダメージから守ります。
    また水溶性食物繊維として、脂や糖の吸収を穏やかにして、血糖値の上昇を緩やかにします。
  • ギムネマ
    成分の「ギムネマ酸」は糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急激な上昇を防いで、すい臓への負担を抑えます
  • 桑の葉
    ブドウ糖によく似た成分で糖代謝に関係する「DNJ」が豊富に含まれています
    この成分は糖の吸収を緩やかにしてくれるので、代謝の際の大きなダメージを与えにくくしてくれます。
  • 難消化デキストリン
    トウモロコシが原料の水溶性食物繊維で、水分を含むと胃の中で膨張し、小腸への食物の流れがゆっくりとなり
    血糖値の上昇も緩やかになります。

    運動でのダイエットは難しいので、食事制限での体重管理が主になります
    ですが、食欲旺盛な子には少量の食餌はストレスになってしまうので、水溶性食物繊維で満腹感を
    感じさせることが重要だと思います

安心安全の国産品質で香料・着色料・保存料・化学調味料を使用せずに製造
直径8mmのカツオ味の錠剤です

【初回半額クーポンプレゼント】(体重・血糖値の健康維持)【8成分配合:サラシア イヌリン バナバ クロム マイタケ末(βグルカン) ギムネマ 桑の葉 難消化デキストリン】食事制限 糖質オフ 肥満 高血糖 ダイエット 体重管理(猫用サプリ 毎日習慣)

価格:2,827円
(2021/7/26 09:22時点)
感想(0件)

こちらは、新発売でミルク味の粉末タイプです

【初回半額クーポンプレゼント】(体重・血糖値の健康維持)【8成分配合:サラシア イヌリン バナバ クロム マイタケ末(βグルカン) ギムネマ 桑の葉 難消化デキストリン】食事制限 糖質オフ 肥満 高血糖 ダイエット 体重管理(ミルク粉末 犬猫兼用サプリ 毎日習慣)

価格:2,827円
(2021/7/26 09:26時点)
感想(0件)


※血糖値…血液中のブドウ糖の濃度