猫種によってかかりやすい病気を遺伝子検査で知ろう

2021年8月16日

あなたと暮らしている猫達は家族ですか?
友達だったり、兄弟だったり、子供だったりしますか?

私にとっては、黙って傍に居てくれるだけで慰めになる母のような存在で
誰よりも大切で守ってあげなければいけない大事な大事な家族です

思いっきり年齢が出ますが、昭和の時代
猫は人に飼われる家畜の中の愛玩動物という存在で、寝起きを共にし、いつも傍に居ても
今で言うところの家族という認識では捉えられていなかったように思います

そういう認識だったからかは、判りませんが
年に1度は狂犬病のワクチン接種を受けていた犬と違って
猫は動物病院にすら連れて行ってもらうことはなかったですよね

当時、室内飼いの猫は本当に数えるほど。
それ以外の猫たちは町や道を自由気ままに闊歩していたのですから
事故にあったり、病気を他の猫からうつされるリスクは今とは比較にならないでしょう

でも、今は違います
安全な室内飼いは常識。体調が悪くなれば、すぐ病院に連れて行くし
年一回は定期検診を受けて、3種や5種といったワクチンも接種します

そんな時代になった今でも、病気は早期に見つけるというだけで
将来かかるかもしれない病気は、いつもの定期検診では判りません

祖先の分からない、保護猫や野良猫では、確認出来ませんが
純血種は、その品種特有の遺伝性疾患を持っています
病気の発症が決まると言われている「遺伝要因」と「環境要因」
環境を整えた上で、遺伝によって将来かかるかもしれない疾患を知っておけば
備えと言う意味でも、また、未病・予防という観点からも有益で
もしも兆候があらわれた際には適切な対処が出来るという事にもなります

可愛い、愛しい家族と末永く暮らすために!

ねこちゃんの遺伝子検査【Pontely】

遺伝子検査

遺伝病

DNA(デオキシリボ核酸)は生体の遺伝情報を保持した物質で、
このDNAは突然変異を起こすことがあります
この突然変異によって起こる遺伝性の疾患を遺伝病と言い
突然変異により、発症リスクが上がることで
将来かかるかもしれない病気を知るために行う検査が遺伝子検査です

検査方法

採血といったような専門的な技術は必要ありません
届いた検査キットで口の中、頬の内側をこすって粘膜を採取し
返信用封筒で送付すれば、国内の動物専門解析機関にて、厳正に解析してくれます

検査結果

通常、約一カ月かかる解析を、およそ2週間ほどで、web上の自分のページに報告してくれますし
検査結果証も発行してくれます

分類
  • クリア …遺伝病の原因遺伝子は持っていない
  • キャリア…片方の親から遺伝病の原因遺伝子を受け継いでいるが、発症リスクはない
  • アフェクテッド…両親から遺伝病の原因遺伝子を受け継いでいて、発症リスクがある

検査項目

素人には判りにくい検査項目の選択は、猫種の入力だけで、獣医が勧める項目を選べます

費用

猫種毎に必須の遺伝性疾患1つにつき5,500円(税込み)

猫ちゃんの遺伝子検査「Pontely

猫種によってかかりやすい病気

将来どんな病気にかかるか、なんて考えるだけで恐ろしい
知って辛い思いをするくらいなら知らない方が。。。
急に出た症状にも、何の手立ても出来ないまま重篤な状況になった彼らに
「だって、知らない方が楽だったから」と後悔もしないであなたは言えますか?